第3章(9)うつ病から全般性不安障害?自律神経失調症?

(9)うつ病から全般性不安障害?自律神経失調症?

不安が戻ってきた

2014年2月23日に断薬してから3か月、厳密に言うと3か月と2週間くらい過ぎた時のことである。ここまで順調であったが、何故か、不安になることが多くなっていた。それも身体的にも、動悸、息切れ、胸の痛み、肩こり、頭痛が伴うので、更に不安が増した。

仕事、家族、自分の健康等々悩みは尽きないが、断薬してしばらくは、断薬出来たことが嬉しくて、あまり不安になることが無かった。どちらかと言うと、薬に頼らなくて済み、少しでも元の状態に戻れたことが嬉しかった。また、将来に対する希望が出てきたので、いろいろな事をポジティブに考えることが出来ていた。

しかし、3か月経過した頃(大体2週間くらい前)から、段々のその状態に慣れてしまったためか、いろいろの事が不安になってしまった。これは病気なのだろうか?といろいろと調べていると、全般性不安障害という病気にたどり着いた。症状を見ると当てはまる。人生いろいろあると思っているが、うつ病は克服したと思ったのに、今度は全般性不安障害かと思い、結構辛くなった。

自律神経失調症

2014年の6月初旬からコントロールの出来ない不安に襲われるようになり、久しぶりにメンタルクリニックに行った。自分でいろいろとサイトを調べた結果、不安障害・全般性不安障害ではないかとか、ミッドライフ・クライシスではないかとか、なんて診断されるかドキドキしていた。

結果、「自律神経失調症」と言われた。結局はストレスから来るもので、うつ病と似ているということである。どちらもセロトニンが不足することから起きる体の異常なので、一番良いのはストレスから逃げることだと言われた。

”私も逃げることが出来れば、逃げたいが、家族もいるので逃げることが出来ない。”と伝えた。先生もそれは分かっていると優しく言ってくれた。昔であれば、逃げることが出来たかもしれないが、現代人は逃げることが出来ない。

抗不安剤とドーパミンを増やす薬を処方された。

また、薬漬けかと思うと不安になるが、まずはこの不安を取り除いて、冷静に判断出来るようになりたい。

抗不安薬−ワイパックス&ドグマチール

自律神経失調症と診断されて、今回服用されたのは「ドグマチール」と「ワイパックス」であった。

うつ病の時には、抗うつ薬として「パキシル」、「リフレックス」、そして最後に「サインバルタ」にお世話になったが、断薬するときの苦しみを考えると、副作用や耐性、依存が少ないものを希望した結果だと思っている。

先生に説明されたのは、「ワイパックス」は心を落ち着けるGABAの働きを助けるということであった。チョコレートでGABAあるので、あれだと分かった。チョコレートになるくらいだから大丈夫なのだろうと自分に言い聞かせた。「ドグマチール」は、ノルアドレナリンに作用して、意欲が出てくると言われた。

家に帰って調べると、両方うつ病でも使われているということが分かったが、離脱症状がないとか、依存が少ないというコメントが多かったので、安心して服用した。

飲み始めて、5日程度でかなり不安も消えて、体調は戻ってきた。不思議と体調が悪い時でも寝ることが出来ていたのは、良かった。

抗不安薬−ロラゼパム&スルピリド

うつ病で3回休職して、金銭的に厳しい毎日を過ごしていることもあり、出来るだけお金を使わずに生活する方法が常に考えている。

最初に処方された、「ワイパックス」と「ドグマチール」の代わりに、「ロラゼパム」と「スルピリド」というジェネリック薬に変更した。テレビでコマーシャルをやっている沢井製薬の薬なので、なんとなく安心して服用している。

値段も安いので、ジェネリックがある場合は、薬局でお願いしたほうが良い。

抗不安薬にも離脱症状がある

抗不安薬で自律神経失調症はだいぶ良くなった。服用時には、離脱症状が無いと言われていたが、抗不安薬も止めると離脱症状があることが分かった。

何故そう思ったかと言うと、「ワイパックス」と「ドグマチール」を服用してかなり不安が取れて調子が良くなってきたこともあり、たまに飲むのを忘れてしまうことがあった。するとどうなるかと言うと、不安が戻ってくるのと、のどの渇き、頭痛、ちょっとした眩暈が起こった。調べてみると、依存症になる可能性があるとのことである。

抗うつ薬や抗不安薬は脳に直接働きかける分、離脱症状は避けられないのだろう。出来れば、服用したくないと思っていたが、不安に負けそうになるので、続けた。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *