第1章うつ病との戦い-(9)パキシルについて

(9)パキシルについて

私が処方された薬で、一番頼りにしている薬が「パキシル」である。一番頼りにしていると同時に、一番怖い薬でもある。

「パキシル」を使っている人は多いと思うが、抗うつ剤の一種で、パロキセチンを主成分としている。憂鬱な気分をやわらげてくれて、意欲を高めてくれる、自分にとっては効果が一番あった薬である。

詳しく調べてみると、パロキセチンは、イギリスのグラクソ・スミスクライン社によって開発された、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)で、「パキシル」は商品名である。セロトニン再吸収阻害以外にも、抗パニック作用や、抗不安作用としても利用されている。

日本では、SSRIとして2番目の2000年9月に承認されたが、薬事法で、劇薬指定されている。うつ病やパニック障害以外に、強迫神経症や、月経前不快気分障害、摂食障害にも利用される。「パキシル」はSSRIという、第3世代の抗うつ薬なので、従来の抗うつ薬に多い口の乾きや便秘、心毒性などの副作用が軽減されている。劇薬指定されていることもあり、過剰投与には注意が必要である。過剰投与した場合、激しい眠気や、幻覚、錯乱、せん妄、及び麻痺等が現れることがあると書いてあった。

怖いと最初に書いたのは、服用している時の副作用ではなく、飲むのを忘れてしまったときや薬が切れたときに起きる離脱症状である。何度か出張に薬を持っていくのを忘れたことがあり、その時は酷い目にあった。とにかく、常に頭がくらくらしている状態が続き、耳鳴りや動悸も酷く、生きている心地がしない。そんな状態なので、不安で、不安で仕方がないが、寝ようとしても寝ることも出来ない。何故か誰かがいるような幻覚があり、風呂に入るのが怖かったり、一人でいたりするのが怖くなる。薬を飲まないとこのような症状が出てしまうので、薬を断つのが怖くて、怖くてたまらない。また、「パキシル」に依存している自分が怖くなるのである。最高で4錠 (40mg)から0錠を5日間経験したが、上記の症状のほかに、頭痛が酷くて何もすることが出来なかった。

ネット等で調べると自分と同じような経験をしている人が多い事が分かる。皆、止めるときに苦労しているようなので、自分がいざ止めるときになったら、止められるのか不安である。

「パキシル」の離脱症状

めまい、知覚障害、睡眠障害、激越、不安、吐き気、体の震え、発汗等(頭がシャンシャンする、耳鳴りなど)、フラッシュバックのようなうつの再来(揺り戻し)

私は薬が切れてしまった時に、4錠飲んでいたのを仕方なく5日間断ち、そのまま減らすことに成功した。よって今は2錠(20㎎)に減らしている。しかし、あの5日間があまりにも辛すぎたため、2錠からなかなか減らせないでいる。今年は何とか1錠まで減らしたいと思っている。

第1章うつ病との戦い-(8)激太り

(8)激太り

うつ病になってから、毎日楽な生活をしていたのと、食事の量を減らさずそのまま食べ続けたこともあり、最高で76キロまで体重が増加した。ベストは身長が163センチしかないので、58キロだと思っている。但し、58キロは学生時代で、それ以来58キロから遠ざかる一方である。

うつ病になってすぐは、家で寝ていることが多かった。基本だらだら家にいたので、体を動かすことはあまりなかった。とにかく何もする気が起きないので、布団の中で過ごす事が多かった。病気になる前は大好きだった映画や海外のドラマも見る気がしなかった。テレビゲームも大好きだったのに、やる気が全くしない。時間があるのにやる気が無いのである。何に対しても興味がわく事がなかった。

しかし、不思議なことに体は動かなくても、お腹は減る。時間になると食べてしまう。それも何故かめちゃくちゃ食欲があった。病院の先生に薬の副作用もあり、食欲が増すこともあると言われたが、本当だった。「ミラドール」という薬が原因との事であった。「ミラドール」は、調べてみると、もともとは胃潰瘍の治療薬だったのが、精神を安定させる作用もあることから、軽いうつ病でも使われるようになったとの事である。副作用は比較的少なく、様々な精神症状の改善に使われるそうだ。さすがに胃潰瘍の治療薬だけの事はあり、胃が絶好調になってしまったのだろう。食欲を抑えることが出来ず、何も考えずに食べ続け、激太りした。

病気になる前はかなり活動的で週末は少年サッカーのコーチをして、子ども達と体を動かしていたのだが、病気になってからはサッカーのコーチは続けたものの、あまり動かなくなってしまった。あとは通勤をしなくなった事が大きいと思う。そう考えると、会社に行くという事はかなり体力を使うことだという事が分かる。通勤で体力を使うのであろう。

「ミラドール」を処方されている場合は、気をつけて欲しい。後は、パキシルも怪しい。

今は体重を減らすのに苦労している。最近の体重は70キロ前後で推移している。昨年(2012年)から1日10,000歩を目指して歩いているが、結構10,000歩は辛い。意識して歩かないと達成出来ない。歩くのと同時に2013年は走ることに決めた。毎週最低2回は走るようにしている。今年の夏までに65キロを目指している。

「ミラドール」の副作用

軽い作用の薬だが、稀にホルモン異常などの副作用があるらしい。
男性なのに乳房が膨らむ
インポテンツになる
乳汁分泌が起こる
生理不順
錐体外路症状―体がこわばったり、震えが起きる
食欲が絶好調になる=よって太る!

第1章うつ病との戦い-(7)転職活動

(7)転職活動

結果的に3ヶ月会社を休むことになったが、自分としては病気になった会社に戻るのが恥ずかしく、嫌だった。そこで、休んでいる間に転職活動を行っていた。知り合いのヘッドハンティング会社に電話をして、何か良い仕事がないか問い合わせた。すると面白い話を何件か紹介してくれた。その中でも自分自身が今後成長すると思っていた業界の仕事があった。インターネット関連の会社であり、自分自身は当時マーケティングを担当していたことから、今後のマーケティングはインターネット抜きには語れないと思っていたので、すごく興味を持った。外資系の会社であったが、日本法人のマーケティング部長を探しているという話であった。早速ヘッドハンティング会社に連絡を取り、面接を設定してもらった。

最初の面接は、アジア統括ディレクターで、シンガポールのリージョナルヘッドオフィスから来てくれた。非常に良い人で、自分のキャリアや今後のインターネットの可能性等を話し、入社したいという気持ちを前面に出した。熱意を感じてもらったのか、続いて2次面接を受けることになった。2次面接はロンドン本社の社長で、場所は大阪のリッツカールトンで行われた。ホテル業界の人間でなくても、リッツカールトンは超一流のホテルであることは知っているので、インターネット業界の華やかさを感じた。2次面接でも落ち着いて、自分自身を出し切ることが出来た。結果、希望通りそのインターネットの会社から内定をもらった。

当時行っていた会社に早速連絡を取り、会社を辞めたいと報告をした。転職するとは言わず、体を休めたいということと、会社に戻るのが恥ずかしいので、申し訳ないと伝えた。人事部長は理解してくれて、会社として出来る事はするということで、退職金を出してくれることになった。休んでしまっていたので、金銭的に苦しい状態が続いており、世の中捨てたものではないと、人の優しさを感じた瞬間であった。辞めると知ると、多くの人が残念がってくれたのを覚えている。自分としては一生懸命働いた会社であり、良い思い出も多い会社だったので、辞めるのは辛かったが、病気になってしまった自分が恥ずかしかった。

3ヶ月も会社を休むと今度は仕事がしたくなってくるので、不思議だった。薬によって体調はかなり良くなっていたので、体を動かしたい、何かをしたいという気持ちになっていた。普通に仕事に戻れるのではないかと思えるようになっていたので、新しい会社が決まったタイミングで、復職することにした。入社前のいろいろな手続きをしていると、契約書に代表取締役社長という役職がついているのに気付いた。ヘッドハンティング会社に確認すると、先方が面接の結果、社長の椅子が空いているので、社長をやって欲しいと言っていると報告された。自分が社長になるとは思っていなかったので驚いたが、自分の経験や熱意を買ってくれたのであろうと思い、素直に嬉しく、頑張ろうと思った。世の中何が起こるか分からない。その時はとても運が良いと思ったし、自分には実力があるのではと思った。しかし、この転職をきっかけに人生はあまり良い方向には向かわなくなっていった。

第1章うつ病との戦い-(6)パチンコ詐欺に力負け

(6)パチンコ詐欺に力負け

電話で訴えてやると言ったものの、どのように対応すべきか分からずにネットを検索した。世の中には同様な被害に会っている人が多いというのが調べれば、調べるほど分かってきた。それだけパチンコにはまっている人が多いのと、お金に困っている人が多いのだという事を知った。ネットの情報を読んでいると、警察に行ったり、弁護士に頼んだりしている人もいたが、どれも返金されたという良い情報は載っていなかった。諦めないで返金の要求をしていこうという、弁護士事務所のホームページ等もあったが、返金のための手段はあるものの、確実な手段があるわけでは無い事が分かった。それでも何かしたいという思いがあり、1社弁護士事務所に電話をかけた。

電話で経緯をひと通り話すと、お金を取り戻すのは難しいと言われた。出来る事は、やりたいと思っていたので、何とかして欲しいと頼むと、督促状を書いてまずは送ってみてはどうかと言われた。そこで事実関係を詳細に弁護士の先生に伝えて、督促状を書いてもらった。費用は5万円掛かったが、何とかしたかったのですがるような思いで、督促状を出した。住所は株式会社アクセットのホームページに書いてあったので、そこに送った。また、弁護士の先生がたまたま株式会社アクセットの事務所が自分の事務所と近いので、見に行ってくれた。すると、事務所は誰もいない空き事務所になっていた。格式会社アクセットのホームページに書いてあった住所は偽のものであった。弁護士の先生は、諦めるしか無いと言ってきた。空しい気持ちになった。パチンコ詐欺の会社は、プロ集団なので、このような事は想定しているのであろう。とにかく許せない。

決めるとあまり考えずに行動してしまう自分の性格が、今回のパチンコ詐欺に会うという事態を引き起こしてしまった。過去にもあまり考えずに行動して、失敗した経験はあったが、全く反省出来ていなかった。これからは気を付けようと思うが、あまりにも被害金額が大きい。そのお金があれば、家族で海外旅行に行けたのにと思うと、家族に申し訳ないと落ち込んでしまった。気晴らしに行ったパチンコで、こんなことになり、うつ状態が酷くなってしまう結果になった。簡単にお金を稼ぐ方法は世の中には無く、地道にこつこつと仕事をして、お金を貯めていくしかないということがはっきりした。

第1章うつ病との戦い – (5)パチンコ攻略法詐欺

(5)パチンコ攻略法詐欺

それでもパチンコは止める事が出来ず、資産がどんどん減っていき、遂には株券も全て売却する羽目になってしまった。そしてパチンコを続けるお金が無くなってしまったある日、パチンコの攻略サイトが目に入った。記事を読むと自分が打っているパチンコ台の攻略法が分かり、一日数万から十数万円儲けることが可能であると書いてあった。昔やっていたときもそのような話を聞いたことがあったので、本当にあるのではないかとその時は思ってしまった。人によってはパチンコを打つ前にハンドルを数回回したり、プッシュボタンを数回押したりなどのおまじないのような事を行って打つ人もいるが、あれは攻略法を知っているのではないかと思うようになっていた。自分も知りたい。確実に儲ける方法を知りたいという考えしかその時は無く、そのサイトの評判とか、パチンコ攻略法詐欺に関する情報を調べようとしなかった。サイトに書いてある電話番号に電話をかければ、今までつぎ込んだお金を回収できる。その一心で電話をかけた。

電話の対応はかなり丁寧であった。いつも行っているパチンコ屋の名前や、自分が打っている台の情報などを聞かれて、ひと通り情報を教えた。教えなかったのは家族に知れるのが嫌だったこともあり、携帯番号以外の個人情報であった。かなり慎重に自分に辿りつかないように、会話を行った。会社の名前は株式会社アクセットという会社であった。最初に自分が打っている台で当時人気のあった、「ガロ」というパチンコ台の攻略法を教えてもらうために、5万円を指定口座に振り込むように言われた。5万円であれば問題無いと思い、振り込むとすぐに携帯メールに当たりを出すための操作方法が送られてきた。期待を込めていざ台に座り、携帯メールの指示を見ながら、操作を行った。指示は非常に簡単なものであり、ハンドルとプッシュボタンを押すだけであった。操作後、20回以内に当たりが来ますという話であったが、全く当たらない。「おかしい。」何度も操作を繰り返しては当たりを待った。すると何回目だか忘れたが、当たりが来たのである。やっと当たったよ。操作方法が間違っていたのではないかと思った。しかし当たりは連荘せずに1回で終わってしまった。また操作を繰り返すが当たりは来ない。何かおかしいと思い、株式会社アクセットに電話をかけた。すると担当者から、「ホールの方で操作している可能性がある」と言われた。つまり攻略法はあっているが、ホールによっては教えた攻略法は使えないということであった。そして、絶対に今回の攻略法で出るホールがあるから、赤坂のパチンコホールに来て欲しいと言われた。自分は病気であり、あまり遠出をしたく無いと話すと、より確実は攻略法があるが、年間会員にならないと教えられないと言われた。そして年間会員になるためには総額50万円必要であると言われた。

突然50万円を用意するのは無理だという話をした。そうすると、簡単にお金を借りる方法があると言われた。紹介されたのはプロミスであった。身分を証明出来るものさえあれば、簡単にお金を借りることが出来るし、パチンコの儲けですぐに返済出きるので、利子もかからないという話であった。とにかく相手は言葉巧みにお金を借りても問題無いし、多くの人はその方法で支払いをしていると安心させてきた。「なるほど。」何故そのように思ったのかは分からないが、その時は納得している自分がいた。

株式会社アクセットの担当者は、プロミスの操作方法を熟知していた。翌日指示通りにプロミスの無人店舗に行き、情報を入力していくと、言われたとおり簡単に50万円を借りる事が出来た。そのまま50万円を株式会社アクセットに振り込んだ。すると今度もメールで別の操作方法が送られて来た。今度の操作方法はステップも多く、もっともらしいものであった。早く打ちたいという思いから、パチンコ屋に駆け込み、台に座り、メールの操作を行った。操作は複雑であってが、何とか指示通りに操作を行うことが出来た。しかし、何回行っても当たらない。「おかしい。」このときになって初めて、「騙された?」という考えが頭をよぎった。ネットで評判を調べてみると被害あった人たちの書き込みが多数存在していた。金額の大小はあったが、詐欺の手段も似ている。自分はなんという事をしてしまったのであろう。しばらく何も考えることが出来なかった。自分の愚かさに頭がくらくらしてきた。ちょっとして我に帰ると、何か対抗策が無いか必死にネットで検索する自分がいた。まずはクーリングオフという制度を調べた。しかし被害にあった人たちは一様に何を言っても返金に応じてくれなかったと書いてあった。自分ではどうすることも出来ない事は分かっていたが、とりあえず株式会社アクセットに電話することにした。詐欺であると分かったという事とクーリングオフ期間なので返金して欲しいという事を一生懸命に彼らにお願いした。そこから株式会社アクセットの対応が変わった。それまで丁寧であった対応も適当になり、電話をしても担当者は出ないようになった。代わりの担当者は何を言っても自分達を正当化しようとする。訴えると言っても、ご自由にどうぞという感じで、全く動揺した様子も無い。こっちが熱くなっても、冷静に受け流す。熱くなれば、なるほど自分が情けなくなってくる。

株式会社アクセット

後から知ったのだが、かなり被害に会っている人が多い、パチンコ攻略法詐欺の会社であった。

第1章うつ病との戦い-(4)パチンコとギャンブル依存症

(4)パチンコとギャンブル依存症

うつ状態が良くなってくると、だんだん意欲が出てきた。最初は家にこもっていたが、だんだんと外出もするようになってきた。妻と昼食を食べに行ったり、買い物に行ったりと、布団の中から徐々に起き上がり、活動するようになった。何かしたいという気持ちが日に日に強くなっていった。

そんなある日、ふと地元のパチンコ屋に行こうという気持ちになった。学生時代や社会人の若い頃には、かなりパチンコにはまっていた時期があった。ホテルで働いていたときには、夜勤が終わったあとにそのままパチンコ屋の前にスポーツ新聞を敷いて並んでいた。結婚資金はパチンコで貯めたようなものであった。直近では平日は会社、週末はサッカーと毎日予定があったこともあり、あまりパチンコには行っていなかったが、久しぶりに行ったパチンコは新鮮であった。昔よりも映像や動きに様々な工夫がされていて、リーチアクションも面白く、完全にはまってしまった。また、始めた直後は勝つ日が多かったので、余計に夢中になってしまった。そこから平日は毎日パチンコ屋に朝から並ぶようになり、朝から晩までパチンコをやるようになった。



結構うつ病になるとパチンコや賭け事をやる人が多くなるそうだが、理由は薬によって気分が高揚し、気が大きくなるためであると言われている。あまりにものめり込み過ぎて、ギャンブル依存症になる人もいるとネットで調べたときに書いてあった。自分としては気分転換のつもりで始めたパチンコが毎日行かないと気になって、気になって仕方が無くなってしまった。勝っていたのは最初だけで、通算するとかなりの金額をパチンコにつぎ込んでいた。1日17万円勝った時があったので、パチンコで生活出来るのではないかと思ったことさえあった。自分がやらないと他の人が儲けているのではないかと思ってしますようになっていた。全然当たらない時であっても、何故か絶対に勝てると勝手に思ってしまい、平気で7万、8万、10万円と1日に負けることも多くなってしまっていた。そして、自分の現預金が底をついたとき、将来の蓄えと思い買っていた株券を売却し、パチンコ資金にするようになっていた。時には勝つこともあったが、やはり今冷静に考えると馬鹿としか言いようが無いが、確実に資産は減ってしまっていた。

第1章うつ病との戦い-(3)うつ病で休職することに

(3)うつ病で休職することに

回復するために最良の方法は、会社を休んでリラックスすることであると言われたため、思い切って会社を休むことにした。それまで会社を休暇、風邪、家族の事情等でしか休んだことも無く、3ヶ月という長期の休みは初めてであった。休んでもまずは何もすることが無い。気力が無いので、外出をしたり、本を読んだり、テレビを観ようという気も起きなかった。誰にも会いたく無いし、何もしたくないので、毎日布団の中で過ごしていた。休み始めて数週間経つと、全く仕事のことを考えなくなり、薬(パキシル)の効果もあったのか、気分的には楽になってきた。貯金がある程度あったので、生活面では何とかやっていけると思っていた。休むというのはこんなに精神的に良いものかと正直びっくりした。人は生活のために働かなければならないが、時に何も考えずにゆっくり休むことも大事であると思った。

考えてみればゆっくりと何もしないという日はそれまであまり無かった。仕事は毎日遅くまで働いていて、週末はボランティアで地域の少年サッカークラブのコーチをしていた。常に予定がある状態なので、何もせずにリラックスして家にいるという時間を取っていなかった。サッカークラブはボランティアとは言え、ヘッドコーチをやっていたため、練習の時には練習メニューをあらかじめ考え、試合となると、どのようなフォーメーションで、誰を使うべきなのか等を考える必要があった。また、週末にはコーチ会議が行われたりしていたので、時間的にかなり拘束されていた。昔から何でもやりたいという性格だったので、自分の息子がサッカークラブに入会した際に、コーチを引き受けた。初めの頃は、会社でもサッカーの事を考えて、仕事をそっちのけで練習メニュー等を作っていた。とにかく自分が担当したからには子供達には上手くなって欲しかったし、試合等でも勝てるようなチームにしたかったので、一生懸命にコーチ業に取り組んでいた。週末になるのが楽しみで仕方なかった。また、子供達とサッカーが出来ると思うと大人ながらわくわくしていた。試合等では、かなり熱が入っていたので、自然と大きな声を出して、子供達を鼓舞していた。選手の皆と勝ったときの喜びや負けたときの悔しさを共有して、一生懸命に練習しようという雰囲気が出来ていた。生活はかなり充実していた。

しかし、うつ病になった後はそれ程楽しみであった週末のサッカーも、気分が乗らないものになってしまった。少年サッカーは雨の場合、休みになる事が多いので、週末は雨が降らないか祈るようになっていた。それまで自信のあった、チームの雰囲気作りも何故か自信が持てなくなっていた。積極的に何かを教えようという状態では無くなっていたので、ある時からヘッドコーチを退任して、お手伝いコーチにしてもらった。自分の健康のためには家でダラダラしているのではなく、外で体を動かすことも必要であると言われていたため、コーチ業は頑張って続けた。

第1章うつ病との戦い-(2)精神科医に行く

(2)精神科医に行く

当時うつ病というのは雑誌等で読んでいた。流行ではないが、ビジネス雑誌でも特集が組まれていた。自分も買ってあったビジネス雑誌の特集を読んだ。そこで驚いたのは、自分の症状が、書いてあることとほぼ一致することであった。複雑な気持ちだった。自分の病気がある程度はっきりした安心感と、病気になったことによる不安感が同時にやってきた。特集には病院やクリニックの紹介があったため、自宅に近いクリニックに電話をしてみた。症状を話し、予約を入れようとしたところ3週間待ちと言われた。正直そんなに待つとは思わなかった。世の中にはそんなに精神的に病んでいる人がいるのかと思った。

精神科医は自分のイメージしているものとは異なっていた。一見普通に見える人達が待合室に座っていた。みんな何かの悩みを持っているのかと思うと少し救われた気持ちになった。回りにうつ病の人を知らなかったため、何故よりによって自分がと思い、かなり落ち込んでいたが、自分と同じ人たちもいるのだという事を知った。うつ病は本当に身近な病気なのだ。

まずはカウンセリングを受けた。自分の今までの経緯を話し、現在の症状等を説明した。すると先生から、「今まで、頑張ってきたのですね」と言われて、堪えきれず泣いてしまった。抑えていたものが一気に開放された感じで、なかなか泣き止むことが出来なかった。恥ずかしいという感情は無く、ただ何かにすがりたいという思いと、掛けられた言葉の優しさに、自然と泣いていた。あんなに泣いたのは記憶に無い。

診断は「抑うつ病」であった。

カウンセリングが終わり、医師との面談となった。うつ病についていろいろと話をされた。誰でもなる可能性のある病気であること、薬をしっかり飲んで行けば直ること、完治までに時間のかかること等々、親切に教えてくれた。一番良いのは休めるのであれば、会社を休むことであると言われた。自分としては、このまま会社に行き続けても何も良いことがないと思い、休むことにした。診断書を書いてもらい、会社に持っていくことにした。

これが、私のうつ病生活の始まりである。

第1章うつ病との戦い -(1)ある日突然ー眠れない。。。

(1)ある日突然 – 眠れない。。。

4年前のある日、自分が眠れない事に気付いた。また、眠れても何故か朝4時とか5時に目覚めてしまう。どうしたのだろう。。。ある日突然、今までに無い不安に襲われた。

眠れないという事は当然日中気力が無い状態が続いていた。当時の仕事は新しい部署の立ち上げという責任のものであった。前の部署で大活躍したので、責任者として新規事業の立ち上げを社長から任された。自分としてはかなり気合が入っていたが、思いとは裏腹にどうにも上手くいかない。営業してもなかなか契約が取れない状況が半年間続いたあるとき、何の前触れも無く社外から上司がやってきた。社長には何故いきなり上司が来るのだと食って掛かった。そのような経緯でいきなり上司が来たため、気が抜けたのと、社長に対する不満で、毎日イライラしていた。ことあるごとにその新しい上司とはケンかをしていた。自分の仕事を取られるのが嫌だという気持ちと、自分が結果を残せなかった情けなさで、毎日悩んでいた。

そして、眠れなくなっていた。

それまでの人生は自分自身が思うに順風満帆であった。一流大学を卒業して、一流企業に就職をして、史上最年少で係長に昇進するなど、エリート街道を進んでいた。自分でも世界で一番仕事が出来るとさえ思っていた。自分自身を試したいという思いが強くなり、一流企業からコンサルタントへの道を選んだ。コンサルタントとしてもかなり順調に大企業をクライアントに持ち、活躍していた。その後事業会社に戻り、コンサルタントとして得た知識をフルに活用し、会社の成長に大きく貢献した。その結果の新規事業の責任者であった。

眠れなくなってしばらくは、具合が悪いという理由で会社を休むようになった。会社に行っても、誰とも話すことなく、時間が過ぎるのを待ち、帰宅していた。新しい部署なので、全く人と話すことなく、一日を過ごす事が出来た。それが孤独感や無力感を増幅したように思う。自分はダメな人間なのだと思うようになってしまっていた。会社を休むようになると、次は会社に行くのが怖くなってきた。会社に行っても他の人は忙しく働いているに自分は何も出来ない。

そして、会社に行かなくなった。