第1章うつ病との戦い-(17)生活のダウンサイジング=お金

(17)うつ病はお金が掛かるー生活のダウンサイジングを

自分がうつ病になってやるべきだと思ったことは、生活のダウンサイジングをすぐに行うことである。特に休職をして、抗うつ薬を服用しているような場合は、絶対にダウンサイジングした方が良いと思う。生活のダウンサイジングとはどういうことかというと、生活費を切り詰めることである。とにかく、いつ治るか分からないし、治ったとしても再発しやすい病気なので、出来るだけお金は持っていた方が良い。

自分は以前にも書いたが、うつ病になった当初株式投資や貯金等あったため、あまり気にせずに普通に生活をしていた。パチンコに行ったり、旅行に行ったり、外食したりと病気になる前と変わらない生活を送っていた。傷病手当金はもらっていたが、普段もらっている額の60%くらいなので、毎月出費の方が多くなってしまい、株を売却したり、貯金を崩したりして生活していた。当時は休めば治るものだと思っていたので、余裕だと思っていた。また、働いて貯めれば良いと気軽に思っていた。

しかし、ある程度休んで、転職したいが全く回復せずに、再び休職することになってしまった。薬を飲んで、休職している時は、元気になっているのだが、根本的な原因を解決していないわけであるから、転職や復職しても、再発するのは今思えば当たり前である。お金が無くなってくると不安になり、時間があるので、株で信用取引を行ったり、パチンコで儲けようしたりして、更にドツボにはまっていってしまった。悪循環である。このように人は破産したりするのであろう。自分も最終的に貯金は0円にまでなってしまった。もうどうすることも出来なくなって、やっと生活費を切り詰めなければということになった。もっと早く切り詰めていれば、もう少し余裕があったはずである。今はかなり家族に苦労を掛けている。

生活費の中で切り詰めることが出来るのは、まずは嗜好品である。タバコは今年に入ってから止めた。お酒は飲まないが、自動販売機やコンビニ等でかなり頻繁に買っていたジュースや炭酸飲料は控えるようにした。新聞も取るのを止めたし、購読していた雑誌も止めた。健康のための思って入っていたフィットネスも退会し、DVDのレンタルもしなくなった。外食は何か記念日だけにした。

今までいかに贅沢していたかが骨身に染みて分かる。最初は我慢するのが辛かった。特に禁煙した結果、うつ病が悪化してしまったのはちょっと浅はかであったと思う。ちゃんと調べれば、禁煙うつというのがあると分かる。しかし、お金が無いので仕方なく禁煙した。ポジティブに考えれば、禁煙に成功しているので、結果オーライということになるし、禁煙でうつ病が悪化した結果、休職してしまったが、認知療法に出会えた訳であるから、これも結果オーライである。

妻も食費、電気・ガス・水道代、ガソリン代、交通費など、いろいろと工夫してくれている。そのおかげで、何とか生活費をカットすることが出来て、傷病手当金の範囲内で生活出来るようになった。今は復職しているので、そのままダウンサイジングした生活を続けて、貯金をしようと思っている。

親にも、子どもの貯金にも手を出しているので、早く返せるように頑張りたいと思う。

副業に関しては、ここから真剣に取り組むようになった。でも時間が掛かるのも痛感しているので、やはり生活のダウンサイジングは早めに始めた方が良い。すぐに始めたほうが良い。

「いつまでもあると思うな親と金」は本当だ!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *