第1章うつ病との戦い-(11)リラックスする方法

(11)リラックスする方法をいろいろ試した

休職している間はなるべくリラックスするのが良いという事でいろいろとリラックスする方法を実践した。

(マッサージ)-指圧は◎、整体&マッサージは△

体にストレスが掛かっているときは、力が入っていることが多いという事で、なるべく力が入って硬くなった部分を揉み解してもらうのが良いという話を聞いて、マッサージに通った。マッサージにもいろいろと種類があると思うが、個人的に一番良いと思ったのは指圧である。

個人的な意見だが、アロママッサージが効くとあまり思わない。回数を重ねれば良いのかもしれないが、1~2回で効果があるようなものでは無いような気がする。または、自分が行ったところがあまり良くないかである。

他にもリンパマッサージや整体等、いろいろと種類があるが、体が軽くなった感じがするのはツボを強く押してもらう指圧である。目、肩、腰というテレビコマーシャルのような部分を押してもらうとその部分が解れてとても軽くなり気持ちが良いのである。

いろいろと調べると指圧と整体とマッサージでは以下のような違いがある。

指圧・整体・マッサージが効果のある理由は、カラダの内側にある自然治癒力に対して働きかけている。

○ 指圧は、カラダ(筋肉)のコリ、硬結や循環不良を見つけて、押圧によって自然治癒力の働きを正常に戻そうとする。

○ 整体は、カラダ(骨格)の歪みを見つけて、矯正法や運動法によって正しい姿勢に戻して自然治癒力の働きを高める。

○ マッサージは、カラダの表面から皮膚や筋肉を揉んだり、撫でたりして血液の循環を良くして、自然治癒力の働きを良くする。

つまり、自分は週末に体を動かすことが多かったので、血液の循環を良くすることより、凝り固まった部分の循環不良を直す方が効果があったということであろう。

(酸素カプセル)-はっきり言って×

ちょっと前に流行った酸素カプセルも試してみた。結論としては、効果を実感することが出来なかった。効果として、疲れやすくなっていたので、疲れを取ることと、新陳代謝、免疫、自律神経、血流など体全般の機能改善を内側から図れるということでトライしたが、そのような効果があったかどうかは疑問である。スポーツ選手とか使っていると聞くので、体を酷使している人には良いのかもしれないが普通の人にはどうなのか分からない。少なくとも自分は効果が無かった。

(スーパー銭湯)-サウナは○

健康のためには血流を良くすれば良いと言うことで、スーパー銭湯にも通った。毎週、毎週行ったので、結構常連になっていた。それも休職中の平日の昼間に行っていたので、何をしている人なのか分からないようなおじさんとお年寄りが多かった。スーパー銭湯の中でもサウナは効果があると思った。サウナに入って、冷たい風呂に入るのを繰り返していると頭がすっきりして、とても元気になった。よってしばらく通っていたが、金銭的な問題で毎週行けなくなってしまった。お金が掛かるので、もっと効率の良い方法を探す必要がある。

岩盤浴も一時期試していたが、汗はかくがあまりすっきりするという感じはしなかった。どちらかと言うとダイエットには良いのかもしれないが、うつ病に効果があるかどうかは疑問である。

(フィットネス)-うつ病のときは貯金優先?

フィットネスにも通った。しかしこれはあまり長続きしなかった。効果が出る前に金銭的な問題で退会することになったので、良い、悪いの判断は出来ない。

うつ病になってすぐは、お金のことをあまり心配していなかったが、結構休むと貯金があっと言う間に無くなる。なので、体を動かすことは良いことであるが、うつ病で休職中はフィットネスに入ることはおすすめしない。出来るだけ早い段階で、生活レベルを下げて、お金を使わないようにした方が良い。

(外出)-気分が良い時は◎、朝日は大事!

気分転換のための外出はした方が良いが、うつ病になってすぐは出る気にならない。自分はある程度元気になった段階で妻と外食したり、バイクの免許を取りに行ったりした。後は、海に行ったり、公園に行ったりしたが、すぐに飽きてしまう。

しかし、自然には癒し効果が絶対にある。自然の癒し効果に気付くようになるのは、自分と向き合い、認知療法を取り入れた後だった。気持ちの問題なのである。

うつ病のときは感動があまり無いが、認知療法である程度自分と向き合い、今あるものに感謝するようになると自然にすごく癒されるようになる。朝の太陽なんかとても気持ちが良いと最近は思う。生きていることに感謝である。

(妻と子どもとの時間)

一番癒されるのは、妻と子どもとの時間である。休職すると妻が毎日大変であることが分かるし、子ども達も頑張っている姿を見ることが出来る。当然コミュニケーションも増える。実はこの時間が一番自分としては、癒されたような気がする。日中子ども達は学校に行ったり、妻は用事があって外出したりすると寂しくなるが、夕食を皆で一緒に食べるのはとても幸せな時間である。幸せと思う瞬間を増やすのが大事なのではないかと思う。

認知療法及びうつ病を克服する前に、リラックスしてやる気が出るまで、何もしない、何も考えないのが大事だと思う。自分は何も考えないというのが一番難しかった。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *